BLOG

◆ご相談実例◆老人ホーム探しはチームで取り組むもの

2019/06/18
ロゴ

今回ご相談をいただいたAさんのケース は 、担 当 の ケ ア マ ネ ー ジ ャ ー 、佐 藤 さ ん( 仮 名 )を 通 じ て の も の で し た 。数 年 前 か ら 認 知症の症状が少しずつ出始めていたもの の 、こ こ 最 近 に な っ て 火 の 消 し 忘 れ や 短 期記憶の喪失など症状が目に見えて 進 行 し た こ と も あ り 、「 こ の ま ま 独 居 で い るのは不安だから」とご相談がありまし た 。ウ チ シ ル ベ に 相 談 す る に あ た っ て 、担 当のケアマネージャーさんはご家族とも 事 前 に お 話 を い た だ い て お り 、ご 家 族 の ほ う も「 い ち ど 話 を 聞 い て み た い 」と の こ と で、面談となりました。

佐藤さんはかなりのベテランケアマネさ ん で 、こ ち ら も あ ら か じ め 家 族 に ご 了 承 を とって い た だ い た う え で A さ ん ご 本 人 の 状

し た 。や は り 私 た ち と し て も 事 前 に 情 報 を いただけたほうがぶれのないご提案が可 能 で す し 、非 常 に 助 か り ま し た 。面 談 前 の 段階でADLやご家族の今後に対するご 希 望 、家 族 が お 住 ま い の エ リ ア な ど も わ か っていたことで、ある程度提案施設のイ メージを持って私も面談に臨むことがで きました。

面 談 で の 主 なト ピ ッ ク は ご 家 族 か ら み た A さ ん の ご 性 格 に 関 し て で し た 。キ ー パ ー ソ ン の 娘 さま 夫 婦 か ら 見 るとど う も A さ ん は 気 難 し い 面 が あ る よ う で 、「 ホ ー ム で の 集団生活になじまないんじゃないか」

「 すぐに帰ってきてしまったらどうしよ う 」と 心 配 さ れ て い ま し た 。そ こ で 共 同 生 活とはいえ必ずしも全員一緒に行動する 必要はないこと、個室での生活なので自 分の時間も大事にできることなどをお伝 え し た と こ ろ 、さ っ そ く ご 本 人 も 含 め て 見 学に行くことになりました。

そして見学当日――。娘さん夫婦が住む 西東京市を中心に2つの介護付き有料老 人ホームと1つのサービス付き高齢者向 け 住 宅 を 見 学 し た の で す が 、ど う も A さ ん ご本人のご機嫌がよろしくない様子です。

 

そこで思い切ってなにか気になることがあ るか聞いてみると、「デイサービスに行っ た り す る の が 嫌 だ 。で き る だ け 自 宅 と 同じように過ごしたい」とはっきりとおっ しゃいました。その後もよくよく話を聞い てみると担当の佐藤ケアマネやご家族か ら老人ホーム入居を勧められており、その 点に関しては理解しているようでしたが、 なるべく集 団 行 動を避 けたいという強 い意志が見て取れました。認知症という とご家族も含めて「どうせ認知症の人が 言 っ て い る こ と だ し 」と 流 し て し ま い が ち な ケ ー ス も 多 い で す が 、や は り み な さ ん そ れ ぞ れ に 意 思 や 望 み 、求 め る ラ イ フ ス タ イ ル が あ り ま す 。結 局 、今 回 は も っ と も 自 由 度 が 高 い サ 高 住 を お 選 び に な り 、と て も ス ム ー ズ に 入 居 へ と つ な が り ま し た 。こ の スピード感の背景には佐藤CMやご家族 のサポートがあったことはいうまでもあり ま せ ん 。や は り 施 設 探 し は 私 た ち だ け で は なくチームを組んで進めていくべきものだ と改めて感じました。